外国人技能実習制度

外国人技能実習制度とは

外国人技能実習制度外国人技能実習制度は、日本企業が発展途上国の青壮年労働者を技能実習生として受け入れて、日本の技術や技能及び知識を学び、帰国後母国の経済発展に役立ててもらう制度です。

イメージ

受入のメリット

社内活性化

実習生は、技術習得を目的に、モチベーションが高く選び抜かれた人材のため、社員・パート・アルバイトの方まで良い刺激を与えます。又、職場が国際交流の場になり、活性化します。

1~5年間の人材確保・雇用安定

技能実習生期間が最長で3年間と決まっておりましたが、法律改正により平成29年11月から最長5年間に延長になります。 5年間の定着したスタッフを安定的に確保できることは、企業の長期的な足場固めに重要なことです。

企業の国際化

実習生は日本の技術・技能を学ぶだけではなく、日本の文化、日本語を学んで帰国し、現地法人や日系企業で勤務するため、国際貢献とこの機会を通じて現地法人との取引拡大が期待できます。

受け入れまでの流れ

イメージ
Copyright (C) 2020 愛媛国際交流組合 All Rights Reserved.